守山しっぽ動物病院 手術・健康診断専門サイト

MENU

ネコちゃんの去勢・避妊手術

ネコちゃんの去勢・避妊手術

ネコちゃんの去勢・避妊手術とは?

去勢手術

オスのネコちゃんに行う手術で、全身麻酔を実施した後、肛門近くにある精巣を摘出します。
避妊手術と比べると容易な手術で、望まない繁殖が防げて、生殖器関連の病気が予防できるようになります。

避妊手術

メスのネコちゃんに行う手術で、全身麻酔下での開腹手術となります。
子宮を摘出します。
望まない繁殖が防げるだけでなく、乳腺腫瘍や子宮蓄膿症などの卵巣・子宮の病気予防に繋がります。

開腹手術と聞くと不安に思われるかもしれませんが、基本的には安全な手術ですのでご安心ください。

去勢・避妊手術のメリット・デメリットは?

メリット

  • 望まない繁殖が防げる
  • 生殖器の病気予防に繋がる
  • 卵巣・子宮の病気予防に繋がる
  • 問題行動の抑制に繋がる
  • 生殖に関わるストレスから解放される

デメリット

  • 全身麻酔が必要
  • 太りやすくなると言われている
  • 気質が変わる場合がある

去勢・避妊手術で予防できる病気は?

去勢・避妊手術を受けることで、次のような病気の予防・リスクの低減に繋がります。

去勢手術

  • 精巣腫瘍
  • 精巣炎
  • 精巣上体炎
  • 潜在精巣
  • 前立腺肥大
  • 前立腺炎
  • 前立腺過形成
  • 肛門周囲腺腫
  • 会陰ヘルニア
  • スタッドテイル症

など

避妊手術

  • 乳腺腫瘍
  • 子宮蓄膿症
  • 子宮ガン
  • 子宮内膜炎

など

去勢・避妊手術はいつ受けさせてあげればいい?

「生後6ヶ月以降・体重2kg以上」が手術のタイミング

去勢手術はネコちゃんの生殖能力が完成する前、また避妊手術は初回発情前に受けるのが良いとされています。
去勢・避妊手術ともに生後6ヶ月ごろ、体重2kg以上、さらに予防接種を済ませた後が最適なタイミングと言えます。

※発情中、また出産後2ヶ月は手術を避けた方が無難です

手術のタイミングで乳腺腫瘍の予防率が違ってきます

避妊手術で予防できる病気の1つに乳腺腫瘍があります。
多くは避妊手術を受けていない中高齢期のメスに発症し、なかには悪性のものあります。
悪性腫瘍の場合、放っておくと命を落とすことに繋がりますので、手術を受けさせてあげてしっかり予防するようにしましょう。

乳腺腫瘍は避妊手術を受けることで予防可能ですが、年齢を重ねるごとに予防率が低下してしまいますので、早めに受けさせてあげるようにしてください。

時期別の乳腺腫瘍の予防率
初回発情前99.9%
初回発情後92%
2回目の発情後74%
2.5歳以降0%
リクルートサイト
anicom 保険対応 アイペットペット保険対応動物病院
ふたやすみ DOG SILVA DOG CARE BASE

ご予約・お問い合わせはこちら

動物の状態や、飼い主様とのライフスタイルなどをよくお聞きしたうえで、
ベストな治療方針をご提案・ご提供させていただきます。

0775750286

0775750286